M字はげ回復育毛剤ランキング

M字はげにお悩みの方は必見!

M字はげの方必見の、当ホームページについて


このサイトはM字はげで悩んでいた管理人が実際に試した中で、
効果が見られた育毛剤をランキングにしました。

著者写真
〔自己紹介〕

M字はげに長年悩んできまして、約300万使って
育毛剤や育毛サロンを試してきましたが効果のある
ものに巡り合えずにいましたが
やっと効果のある育毛剤を発見しました。

育毛剤の歴史

日本でも世界でも育毛は非常に古くからあり、髪の毛に関する悩みは
いつの時代でも大きいようです。

日本の育毛歴

平安時代の頃、長くツヤのある黒髪は美人の条件であったので、女性
はお米のとぎ汁で洗うなどの「ヘアケア」が行なわれたり、男性は、
髪を結い烏帽子や冠をかぶる※「元服の儀」が行われるなど、髪の毛
は、大切に扱われていました。 ※奈良時代からある成人の男性を示す儀式

江戸時代になると「毛はえ薬」が登場し、「まげ」を結うようになっ
た庶民たちが、薄毛で「まげ」が結えなくならないよう、「毛はえ薬」
で抜け毛、薄げ予防や育毛をしていました。江戸時代の毛はえ薬は、
みかんやゆずなどの柑橘類の精油を成分としていたことが知られてい
ます。

その後、江戸時代では、散切り頭になり、石鹸を使用。大正時代では、
石油が原料のシャンプーで頭を洗うようになり、薄毛対策より洗髪の
意識が高まった時代でもありました。


世界の育毛歴

海外では、紀元前1500年頃の古代エジプトから歴史があります。
世界最古の医学書「エーベルス・パピルス」には薄毛の治療法が記載
されています。古代ギリシャではオリーブオイルで、ギリシャでは、
タマネギと蜂蜜の汁で頭皮を塗り、育毛剤としていたようです。
日本でも流行の「ヘッドスパ」は東南アジアで、伝統医学であるアー
ユルヴィータはインドで行われていました。西洋ではハーブなどの育
毛歴があります。

こうして大昔から育毛は行われており、伝統的な育毛方法は今でも
活用されていて、現代でも医学や科学を元に育毛剤が発明されてい
るのです。